Ikura Dental Office 

むし歯の基本

むし歯の進行

【C1】
 歯の表面はエナメル質で覆われており、 虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

【C2】
エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

【C3】
 象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

【C4】
 虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

歯周病の基本

歯周病の進行

歯周病 極悪御三家

ただいま制作中です

歯垢と歯石はちがいます

はみがき剤や歯ブラシのCMでよく出てくる歯垢(しこう)と歯石(しせ き)という 2つの用語があります
同じものと混同している方が多いようですが、実は明確に区別されています
歯の健康にとって基本的なことなので、ぜひ知っておきましょう

歯垢

歯の表面についているネバネバしたもので、プラークともよばれています

最近は「バイオフィルム」とよばれることもあります
これ実は細菌のかたまりで1グラムの歯垢には1000億個以上の細菌が含まれています
食後4~8時間でつくられるので毎食後の歯みがきはとても大事です
歯垢の中の細菌は酸を作り歯のエナメル質を溶かしてしまいムシ歯の原因になります
食べかすと歯垢も実は別物です。食べかすはその名の通り食物の残りカスで
歯垢は食べかすを養分にして口の中で増殖した細菌のかたまりです

食べかすを取り除いても、歯の表面にはうっすらと歯垢が残っていてこれはブラシでこすり落とさないと取れません。
歯ブラシの他に歯と歯の間は歯間ブラシ、糸ようじを使って歯垢をこすり落としましょう。
どんな薬を使ってもそれだけで歯垢を除去することはできません

歯石

いわば歯垢が口の中で硬くなり石のようになったものでみがき残した歯垢は

およそ2日で歯石に変わるとされています
「歯と歯ぐきの境目」や「歯と歯の間」にできやすく硬い石ですから一旦ついてしまうと
歯ブラシでは取り除けないので、歯科医院で歯石除去の処置を受けなければならなくなります。
また歯石の表面はデコボコしているためそこにさらに歯垢がくっついてしまい
歯周病の原因にもなります
歯石は下前歯の内側と上の奥歯の外側につきやすい傾向があります
歯石がつかないためには歯垢のうちにブラッシングで取り除く必要があります。
日ごろからこのあたりをとくに磨きましょう。

歯石がついてしまったら

歯科医院で取り除きましょう。歯石を早期に見つけるためには定期的な健診をおすすめします。